blurred cannabis background
Cover skewed lines

大麻、マリファナ、ヘンプの違いは?

 

すべては、実際、大麻植物ですが、ヘンプ(麻)または工業用麻は、THCが非常に低い大麻株によく使用される用語で、正確には0.2%THC以下です。 マリファナは一般的に、THCが多量に含まれる植物に使用される言葉です。

私たちの祖父の代までは、THCについて精神活性であることを何も知りませんでした。大麻を栽培してヘンプ(麻)と呼んでいました。 現代では、ヘンプの定義は、THCが低レベルをあることを意味します。

ストリートレベルで大麻植物を分析すると、THCが1%〜22%含まれていることがわかります。 大麻製品は最高98%のTHCを含有することさえあります。