blurred cannabis background
Cover skewed lines

内因性カナビノイド系とは?

内因性カナビノイド系 とは、ニューロンの活動の恒常性調節遺伝子で、体内のその他ほぼすべての生理系です。痛み、炎症、記憶、感情、眠り、そして代謝機能における抑制の役割を果たしています。

脳内の受容体の膨大なネットワーク、中枢神経系、末梢神経系、内因性カナビノイドと呼ばれるカナビスのような化合物から成ります。

減光スイッチと関連付けられ、体内での活動が過多・過少なときに、バランスと取るために常に働いています。

CBDとTHCのような植物性カナビノイドは、内因性カナビノイド系と相互に作用し、研究者は、報告されている大麻植物の生理作用のいくつかを説明し得ると信じています。

また、科学者は、このシステムが正常に作用しない場合、病気を引き起こすと信じています。これは、 内因性カナビノイドとして知られていて、偏頭痛、線維筋痛症、過敏性腸症候群、および多発性硬化症などの様々な問題の根源であるかもしれないのです。

最近の研究では、人参、キャバ、ニュージーランドゼニゴケ、生姜、黒コショウなどの他の植物種からの活性化合物が、 内因性カンナビノイド系と相互に作用する化合物を含んでいると示されています。