blurred cannabis background
Cover skewed lines

CBD(カナビノイド)とTHC(テトラヒドロカナビノール)の違いは?

カナビノイドは、内因性カナビノイド系と相互に作用しながら、一般的な作用において同じように働く、分子の集合です。いくつかの小さな構造の違いはありますが、人間の体内で同じ受容体とすべて結合します。証拠のようなものはありませんが、その小さな構造の違いが、各々のカナビノイドが持つ副作用の違いをもたらすという、科学界での多数の推論が存在します。

THCは、使用者に’ハイ’な状態をもたらし、このカナビノイドが、薬物検査においてターゲットとなります。CBDは、とても類似した構造をしていますが、CBDの副作用はTHCの逆です。THCとは異なり、CBD(カナビジオール)は、精神に作用しないカナビノイドで、ハイな状態を引き起こしません。実際、CBDは抗精神病効果があり、CBDはTHCと真逆に作用します。

科学的研究は、CBDはTHCの中毒作用の減少にも働くと提起しています。