blurred cannabis background
Cover skewed lines

大麻はアレルギー反応を引き起こしますか?

 

木、草、雑草から出る花粉のように、大麻草の花粉もごく少数の人においてはアレルギー反応を誘発することがあります。この問題については、まだ深く研究がされていませんが、大麻草によるアレルギー反応を指摘する科学的研究があります。

GMP(適正製造基準)認可の製品を選んだ場合、アレルゲンの悪影響のリスクを最小に抑えることができます。Endocaは、GMP認可である通り、市場における最高級品質の大麻エキスを提供しています。つまり、私たちの製品は、アレルギー反応を引き起こす有害な化学物質を含んでいません。

なぜ大麻はアレルギー反応を引き起こすのですか?

 

大麻は、以下の400以上の異なる成分を含みます:植物性カナビノイド、テルペン、クロロフィル、アルカン、窒素化合物、アミノ酸、糖類、アルデヒド、アルコール、ケトン、フラボノイド、グリコシド、ビタミン、顔料、水分

稀な例として、天然化合物にアレルギーがある人がいます。例えば、テルペンはあらゆる食物や化粧品に含まれている成分ですが、ごく少数の割合の人はアレルギー反応を起こすことで知られています。しかし、もしこの稀なアレルギーでお悩みの場合は、すでにご存知であるかと思います。

多数の人が大麻にアレルギーがあるのですか?

現在わかっていることから、アレルギー症状は、大麻の使用による健康への悪影響の一つとして、稀に報告されているだけであると言えます。これらの稀な悪影響の反応のメカニズムを判明するには、さらに管理された研究が必要です。

科学的研究は何を示していますか?

花粉、大麻エキスにさらされたとき、そして大麻の吸引により副作用を起こす可能性があるということを示す専門調査の研究が存在します。一方で、大麻がアレルギーに有効であると示す研究も存在します。ご覧の通り、これらの証拠は紛らわしいのですが、少なくとも、ある点に関しては決定的で、広範囲に渡る花粉とは関連のない大麻アレルギーは極めて稀です。

なぜ大麻はアレルギーに有効であると同時にアレルギーを誘発するのですか?

大麻が吸引された時、ハーブへの加熱と燃焼が、含有分子の変化を引き起こします。これらの分子は、通常は植物内に見つからないものですが、状態変化が起こると、アレルギー反応を誘発することがあります。

加えて、アレルギー反応を誘発し得るカビの菌により生成される毒素を含んだ、室内での劣悪な生育環境や、殺虫剤の使用、または不適切な収穫、またはカビが生えた状態になる可能性がある大麻の養生も、この問題に考慮される必要があります。危険な人口カナビノイドを含む化学物質や、大量生産のための植物性物質をスプレーした場合、好ましくないアレルギー反応または毒性を引き起こす可能性があります。 (さらに詳しく:”あなたのオイルには何が含まれているか?”)

Endocaの製品は安全ですか?

私たちEndocaは、製品テストにとても真剣に取り組んでいるので、品質管理に多大な資金を費やしています。私たちは、製品の安全性と無毒性を保つため、私たちの製造工程を適正製造基準(GMP)により管理しています。その結果、私たちの大麻製品は、汚染物を含まないことを保証することができるのです。私たちの製品は、1万人以上の方々に、高い満足度で安全に使用されています。

認可製品はリスクを最小に抑える唯一の方法ですか?

適正品質基準(GMP)は、当局により推奨されている基準を遵守するために求められる実務で、製造と、食品・製剤・有効医薬品の安全性に対する権利と免許を管理しています。これらの基準は、製剤・食品の製造者が、製品が高品質であり、消費者や大衆に対していかなるリスクを引き起こさないということを保証するために満たさなければならない最低規格を規定しています。

解決方法は何ですか?

まず、GMP認可製品のみを使用することです。次に、例えば多種化学物質過敏症(MCS)で悩んでいたり、一般的にアレルギー反応が出やすい場合は、注意を払った方がよいでしょう。

漸増滴定はよく知られた対処法です。ごく少量の服用から始め、服用量をゆっくりと増やしていき、副作用が現れないか、自身で観察します。https://www.endoca.com/Product_Description

もう一つの解決方法は、カナビノイドCBDと、極めて少量のテルペンのみを含む、私たちの98%CBDを使用することです。それでもまだ問題がある場合には、私たちのチームにご連絡いただければ、完全にテルペンフリーの製品をお送りします。

リンク:

大麻アレルギーの特徴:http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/divs/PMC3726218/

大麻アレルギー:2015年にわかっていること: http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26178655

トマト(学名:Lycopersicon esculentum)に感作された患者集団の中のアサの葉への感作とアレルギー:http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18268387

選択された酸化香料テルペンは一般的な接触アレルゲンである: http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15932583

アサ:異例な”雑草”アレルゲン:http://www.annallergy.org/div/S1081-1206%2815%2900035-6/fulltext

CB1,CB2から独立したDNFB媒介マウスアレルギー性接触皮膚炎における熱帯性THCの消炎作用:http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23889474

新型消炎薬としてのカナビノイド: http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/divs/PMC2828614/