blurred cannabis background
Cover skewed lines

FAQ

一般

  • なぜ大麻/ヘンプはこんなに人気なのか?

    • 作物は化学物質を使わずに有機的に成長しやすく、病害虫に非常に耐性があります。
    • また、植物が成長しやすいという事実のためにリスクが低い。
    • 植物全体と種から利益を得ることができ、ヘクタール当たり高い利益を農家にもたらします。
    • 植物はオメガ3が非常に豊富で、オメガ3:6の最適な1:3の比を含んでいるので、魚油の代用にすることができます。
    • リラクゼーション効果があると信じている人が多く存在し、娯楽用として人気があります。
    • 植物がさまざまな症状を緩和するのに役立つと主張する人々も多数存在します。

製品と定義

  • ヘンプオイルとは?

    ヘンプオイルは、CBDオイルを指す、単なる別名です。両方とも大麻エキスを意味する用語です。 しかし、ヘンプシードオイルとヘンプオイルの違いについては、大きな誤解もあり、多くの人が同じであると信じていることにご注意ください。 ヘンプシードオイルは、純粋にヘンプシード由来で、食品調製に使用されますが、CBDまたは他のカナビノイドは含みません。

  • 医療大麻/マリファナとは?

    医療大麻や医療マリファナは、病気の治療や症状改善のために大麻の使用を指すことがあります。 しかし、一つに統一された定義は存在しません。 ほとんどの場合、この用語は、多量のTHCを含む植物を定義するために使われますが、最近では他の多くの分子を持つ大麻植物が多く見つかっているため、医療大麻/マリファナを定義するのがより複雑になっています。

    医療大麻/医療マリファナは、アメリカ合衆国の何千もの医療大麻店で非常に頻繁に使用されている単語で、州法の下で合法的に大麻植物を販売しています。 医療大麻/医療マリファナのほとんどは娯楽目的で販売されています。 市販されている大麻製品のうちわずかしか臨床試験を行っていませんが、残念ながら、行われた試験は非常に規模が小さく、結果は決定的ではありません。

  • 大麻/ヘンプの別名は?

    はい、マリファナ、ポット、ウィード、草、ガンジャ、ドープ、ハーブ、リーファー、スカンクなど多くのスラングの名前があります。

  • シンターゼとは?

    シンターゼとは、2つの分子の連結を触媒する酵素です。

  • 内因性カナビノイド系とは?

    内因性カナビノイド系 とは、ニューロンの活動の恒常性調節遺伝子で、体内のその他ほぼすべての生理系です。痛み、炎症、記憶、感情、眠り、そして代謝機能における抑制の役割を果たしています。

    脳内の受容体の膨大なネットワーク、中枢神経系、末梢神経系、内因性カナビノイドと呼ばれるカナビスのような化合物から成ります。

    減光スイッチと関連付けられ、体内での活動が過多・過少なときに、バランスと取るために常に働いています。

    CBDとTHCのような植物性カナビノイドは、内因性カナビノイド系と相互に作用し、研究者は、報告されている大麻植物の生理作用のいくつかを説明し得ると信じています。

    また、科学者は、このシステムが正常に作用しない場合、病気を引き起こすと信じています。これは、 内因性カナビノイドとして知られていて、偏頭痛、線維筋痛症、過敏性腸症候群、および多発性硬化症などの様々な問題の根源であるかもしれないのです。

    最近の研究では、人参、キャバ、ニュージーランドゼニゴケ、生姜、黒コショウなどの他の植物種からの活性化合物が、 内因性カンナビノイド系と相互に作用する化合物を含んでいると示されています。

  • カンナビジオール酸 (CBDa)とは?

    CBDaとは、CBDの酸性の前駆体です。これは、収穫されたばかりのヘンプ植物を取った場合、ほとんどがCBDaで、わずかにCBDを含んでいるということを意味します。乾燥と加熱の工程を通して、CBDaがCBD(カナビジオール)に変化します。

  • テトラヒドロカナビノール酸(THCa)とは?

    THCaとは、THCの酸性の前駆体です。これは、収穫されたばかりのヘンプ植物を取った場合、ほとんどがTHCaで、わずかにTHCを含んでいるということを意味します。乾燥と加熱の工程を通して、THCaがTHC(テトラヒドロカナビノール)に変化します。

  • テトラヒドロカナビノール (THC)とは?

    テトラカナビノール(THC)とは、アサ(大麻草)に含まれるカナビノイドです。精神活性作用があるため、娯楽用に繁殖される植物の品種においては、特にTHCの含量が多いです。といっても、THCが全く治療目的で使われることがないわけではありません。THCは、化学療法の期間中、患者が経験する吐き気や嘔吐の減少において効果的だということが発見されています。また、白内障の進行を遅らせ、神経痛を減らします。

  • CBDオイル/ヘンプオイルの含有成分は?

    CBD、クロロフィル、アルカン、窒素化合物、アミノ酸、糖、アルデヒド、アルコール、ケトン、フラボノイド、グリコシド、ビタミンおよび顔料が挙げられます。

    私たちは、大麻/ヘンプには400以上の分子が含まれていることを発見しました。近年の研究では、その効果を主に担うカンナビノイドと呼ばれる大麻生成分子群が発見されています。 CBD、THC、CBG、CBC、CBNを含む120以上のカナビノイドがあります。

    有名なカンナビノイドはTHCで、これは精神活性効果があり、ハイな状態を引き起こします。 しかし、Endocaでは、ハイにならない、カナビノイドCBDを高濃度に含む製品を生産しています。

  • EndocaのヘンプシードオイルはCBD(カナビジオール)を含んでいますか?

    はい、300mg CBDカナビジオールを含みます。

  • EndocaのCBDオイル/ヘンプオイルにはTHCが含まれていますか?

    私たちは、高濃度のCBD、その他のカナビノイド、そして追跡不可能な量のTHCを含む大麻/ヘンプの種類を発見するため大変努力しています。

比較

  • 大麻、マリファナ、ヘンプの違いは?

    すべては、実際、大麻植物ですが、ヘンプ(麻)または工業用麻は、THCが非常に低い大麻株によく使用される用語で、正確には0.2%THC以下です。 マリファナは一般的に、THCが多量に含まれる植物に使用される言葉です。

    私たちの祖父の代までは、THCについて精神活性であることを何も知りませんでした。大麻を栽培してヘンプ(麻)と呼んでいました。 現代では、ヘンプの定義は、THCが低レベルをあることを意味します。

    ストリートレベルで大麻植物を分析すると、THCが1%〜22%含まれていることがわかります。 大麻製品は最高98%のTHCを含有することさえあります。

エフェクト

  • CBDの働きとは?

    カナビノイドが、健康な人がすでに体内で作り出している内因性カナビノイドと同じように働くと示す、いくつかの科学的実験が存在します。活動のメカニズムは、まだ解明されていなく、明確に経路を示す決定的な研究はありません。
  • 大麻はアレルギー反応を引き起こしますか?

    木、草、雑草から出る花粉のように、大麻草の花粉もごく少数の人においてはアレルギー反応を誘発することがあります。この問題については、まだ深く研究がされていませんが、大麻草によるアレルギー反応を指摘する科学的研究があります。

    GMP(適正製造基準)認可の製品を選んだ場合、アレルゲンの悪影響のリスクを最小に抑えることができます。Endocaは、GMP認可である通り、市場における最高級品質の大麻エキスを提供しています。つまり、私たちの製品は、アレルギー反応を引き起こす有害な化学物質を含んでいません。

    なぜ大麻はアレルギー反応を引き起こすのですか?

    大麻は、以下の400以上の異なる成分を含みます:植物性カナビノイド、テルペン、クロロフィル、アルカン、窒素化合物、アミノ酸、糖類、アルデヒド、アルコール、ケトン、フラボノイド、グリコシド、ビタミン、顔料、水分

    稀な例として、天然化合物にアレルギーがある人がいます。例えば、テルペンはあらゆる食物や化粧品に含まれている成分ですが、ごく少数の割合の人はアレルギー反応を起こすことで知られています。しかし、もしこの稀なアレルギーでお悩みの場合は、すでにご存知であるかと思います。

    多数の人が大麻にアレルギーがあるのですか?

    現在わかっていることから、アレルギー症状は、大麻の使用による健康への悪影響の一つとして、稀に報告されているだけであると言えます。これらの稀な悪影響の反応のメカニズムを判明するには、さらに管理された研究が必要です。

    科学的研究は何を示していますか?

    花粉、大麻エキスにさらされたとき、そして大麻の吸引により副作用を起こす可能性があるということを示す専門調査の研究が存在します。一方で、大麻がアレルギーに有効であると示す研究も存在します。ご覧の通り、これらの証拠は紛らわしいのですが、少なくとも、ある点に関しては決定的で、広範囲に渡る花粉とは関連のない大麻アレルギーは極めて稀です。

    なぜ大麻はアレルギーに有効であると同時にアレルギーを誘発するのですか?

    大麻が吸引された時、ハーブへの加熱と燃焼が、含有分子の変化を引き起こします。これらの分子は、通常は植物内に見つからないものですが、状態変化が起こると、アレルギー反応を誘発することがあります。

    加えて、アレルギー反応を誘発し得るカビの菌により生成される毒素を含んだ、室内での劣悪な生育環境や、殺虫剤の使用、または不適切な収穫、またはカビが生えた状態になる可能性がある大麻の養生も、この問題に考慮される必要があります。危険な人口カナビノイドを含む化学物質や、大量生産のための植物性物質をスプレーした場合、好ましくないアレルギー反応または毒性を引き起こす可能性があります。 (さらに詳しく:”あなたのオイルには何が含まれているか?”)

    Endocaの製品は安全ですか?

    私たちEndocaは、製品テストにとても真剣に取り組んでいるので、品質管理に多大な資金を費やしています。私たちは、製品の安全性と無毒性を保つため、私たちの製造工程を適正製造基準(GMP)により管理しています。その結果、私たちの大麻製品は、汚染物を含まないことを保証することができるのです。私たちの製品は、1万人以上の方々に、高い満足度で安全に使用されています。

    認可製品はリスクを最小に抑える唯一の方法ですか?

    適正品質基準(GMP)は、当局により推奨されている基準を遵守するために求められる実務で、製造と、食品・製剤・有効医薬品の安全性に対する権利と免許を管理しています。これらの基準は、製剤・食品の製造者が、製品が高品質であり、消費者や大衆に対していかなるリスクを引き起こさないということを保証するために満たさなければならない最低規格を規定しています。

    解決方法は何ですか?

    まず、GMP認可製品のみを使用することです。次に、例えば多種化学物質過敏症(MCS)で悩んでいたり、一般的にアレルギー反応が出やすい場合は、注意を払った方がよいでしょう。

    漸増滴定はよく知られた対処法です。ごく少量の服用から始め、服用量をゆっくりと増やしていき、副作用が現れないか、自身で観察します。https://www.endoca.com/Product_Description

    もう一つの解決方法は、カナビノイドCBDと、極めて少量のテルペンのみを含む、私たちの98%CBDを使用することです。それでもまだ問題がある場合には、私たちのチームにご連絡いただければ、完全にテルペンフリーの製品をお送りします。

    リンク:

    大麻アレルギーの特徴:http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/divs/PMC3726218/

    大麻アレルギー:2015年にわかっていること: http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26178655

    トマト(学名:Lycopersicon esculentum)に感作された患者集団の中のアサの葉への感作とアレルギー:http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18268387

    選択された酸化香料テルペンは一般的な接触アレルゲンである: http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15932583

    アサ:異例な”雑草”アレルゲン:http://www.annallergy.org/div/S1081-1206%2815%2900035-6/fulltext

    CB1,CB2から独立したDNFB媒介マウスアレルギー性接触皮膚炎における熱帯性THCの消炎作用:http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23889474

    新型消炎薬としてのカナビノイド: http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/divs/PMC2828614/

  • 大麻は薬物検査でどう反応しますか?

    THCは、薬物検査で反応するカナビノイドです。これらの検査は、THCの代謝産物を検知するため、例えば尿検査から始まります。検査は、抗体を使うことでTHCと、生成される代謝産物を検知します。CBDは薬物ではないので、CBD薬物検査というものは存在しません。

  • CBDには薬物相互作用がありますか?

    CBDと他の薬物を使用した際、薬物相互作用があると示す研究はありません。しかし、食事を変える場合には、専門医に相談することが賢明です。

用途と利点

  • CBDオイル/ヘンプオイルは病気に効くのか?

    CBD /ヘンプオイルについては、私たちは、いかなる医学的主張もできません。

    ご自身で研究を行うか、医師に相談することをお勧めします。

    これらの記述はFDAによって評価されていません。

  • 大麻には薬効成分があるのか?

    歴史的に、大麻の薬としての使用は有名です。 いくつかの効果を示す多くの臨床試験もあり、現在進行中の治験もあります。 何百万人もの人々が既に大麻を使用しており、何かと役立っています。 市場には、販売を認可された、臨床試験を通った大麻から作られた医薬品が既に存在します。 しかし、残念なことに、行われた試験は非常に小さく、結果は決定的ではありません。

  • なぜ大麻は人々を救うのか?

    主流の科学によれば、大麻は人体にプラスの効果をもたらすという証拠はありません。 長い間、多くの人々と研究が行われるまで、この質問に答えることは非常に難しいでしょう。

    大麻植物が生産するカナビノイドは、人体によって生産される内因性カンナビノイドに非常に類似しているため、身体がバランスをとるのを助ける大きな潜在力を持っている可能性があります。 しかし、何かを主張するには、何らかの肯定的な効果を証明できるように、非常に長い期間にわたる大規模な無作為化二重盲検プラシーボ実験が必要です。

注文と配達

  • 支払い方法は?

    Endocaでは、以下のいずれかの方法を使って、支払いが簡単にできます。すべての支払いは、私たちのサービスプロバイダーと保護された環境において行われます。

    Endocaは、MasterCardかVisaの支払いを受け付けています。オンラインでの支払い方法:クレジットカード番号、有効期限、カード裏面の3桁のセキュリティコード(CVCコード)を、私たちのプロバイダー支払いページで入力します。支払いを早急に処理し、お客様の注文の準備に移ります。

    もしMasterCardかVisaで支払いができない場合は、個人の支払いリンクの作成を私たちにお申し出ください。このリンクは、代金を安全に、直接私たちにお支払いいただくために、お客様のためだけに作成されるものです。また、銀行振込もご利用いただけます(インターネットバンキングも可)。注文確定後、支払いを完了させるための私たちの銀行の詳細が送られます。

    ご注意ください: 支払いが拒否された場合、お客様の銀行に電話し、クレジットカードが海外購入に対応しているかお確かめの上、もう一度お試しください。

    注文ID番号を伝えるのをお忘れなく!

  • 税関検査による配送遅延

    私たちは、世界各国に配送をしていますが、いくつかの国では、輸入規制のため、ヘンプベースの製品に遅延が生じることがあります。近い将来、世界中の国に、ヘンプの液剤について知ってもらいたいと願っていますが、今のところは、お客様の荷物に郵便サービスまたは税関による検査により遅延が生じた場合は、早急にお知らせいたします。

    ギリシャには、製品の到着まで約10日かかります。エクスプレス配送では2日です。

    ノルウェー、オーストラリア、カナダ、アイスランド、グリーンランド、ニュージーランド、タイ、ロシアに関しては、国境検問所での厳重なセキュリティ基準のため、約3-4週間の追加の配送期間をご了承ください。

  • 銀行振込で支払いをした場合(+4日)

    コンピューターによる振込完了後、約4日後に、私たちの銀行にその代金が入ってきます。代金を受け取り次第、お客様にEndocaの製品を発送します。

  • 荷物到着までの日数は?

    私たちは、配送スピードを重視しています。

    通常、Endocaの製品を3-5営業日以内に受け取っていただけますが、それよりも長い日数がかかる例外国に関しては利用規約と条件をご覧ください。しかし、お客様の荷物の配送に追加の遅延を生じさせる不可抗力の事象が発生することがあります。

Our website uses cookies to show you relevant content and features for social media and to improve our traffic. The information about your activity is also shared with our collaborators.

Accept