blurred cannabis background2

CBDオイルの使い方

CBD利用者はどのように毎日の健康習慣にCBDオイルを取り入れているのでしょうか?

CBDに関する情報が豊富な今、CBDを生活に取り入れたいと思ってもどこから初めて良いか分かりづらいですよね。エンドカでは、自分に合ったCBDの使い方を見つけていただけるよう、CBDについて学べるご利用ガイドを用意しました。

CBDの取り入れ方によって自分の健康を高める可能性が広がります。利用者の声と自然の力が統合し、一人一人のライフスタイルや習慣に合わせて選べる革命的なCBD商品のラインアップが生まれました。

はじめに

Demi looking at Endoca RAW 3% CBD OIL

CBDがある生活を始めたばかりの方は「どうやって始めれば良いの?」と悩んでしまう方も多くいらっしゃいます。様々なCBDオイルの摂取方法が存在するため、そう悩んでしまうのは仕方がありません。ニーズや好みは人それぞれなので、CBDがある生活はユニークな体験なのです。

CBDが必要と感じる瞬間は日々変わります。液体状のCBDドロップスよりCBDカプセルの方が好ましい時もあれば、エディブルより外用のバームが便利な時もあるかもしれません。CBDの摂取方法は沢山ありますが、CBDの使い方はその時、そして好みにより違ってきます。

自分に合ったCBDの摂取方法を見つけていただけるよう、この便利なご利用ガイドをまとめました。

CBDオイルの使い方

Endoca RAW 3% CBD OIL

毎日の生活に合わせたCBDオイルの8つの使い方:

  • 日々の健康のために、朝のサプリメントを飲む習慣に追加
  • より安らかな睡眠をサポートするため寝る前に
  • 運動後、体のリカバリーのために
  • スムージーやシェイクに入れる
  • CBDエディブルを手作り、ペットのご飯に入れる
  • スキンケアにCBDを足してパワーアップ
  • CBDクリームやサルヴで傷や痛みのスポットケア
  • 1日を通して気持ちを落ち着かせるために

CBDドロップスの摂取方法

簡単、効果的、そして素早いCBDの取り方がこの用量漸増法です。付属のピペットを使い、ドロップスを舌の裏に落として60秒、温めましょう。

  • 摂取の前後5分間は飲食や喫煙を控える
  • 鏡の前に立って、ドロップスの適数を確認する
  • 1-2分、ドロップスを飲み込まずに寝かせる
  • 2分後に飲み込む

CBDオイルドロップスを選ぶ理由

  • 自然なヘンプの風味
  • 柔軟に適数が調整可能
  • ペット利用可能
  • CBD初心者向け

CBDオイルのメリット

  • 使い方が簡単
  • 早くて効果的
  • 利用方法が万能
  • いつでもどこでも気軽に使える

おすすめのCBDドロップス

CBDカプセル・ソフトゲルの使い方

Endoca RAW 3% CBD CAPSULES

カプセル状のCBDオイルの使い方はどうでしょう?CBDカプセルまたはソフトゲルは簡単で、外出時でも目立ちにくい摂取方法です。便利なことに、他のサプリメントと同じように飲んでいただけます。また具体的な摂取量がわかるのこともカプセルのメリットです。

簡単な摂取方法ではありますが、カプセルは消化器を通るため、代謝に影響され効果を感じるまでの時間が長くなると感じる方もいます。舌下でドロップスを取り入れる方法と比較すると体内への吸収率が低いこともデメリットの1つです。

CBDカプセルを選ぶ理由

  • 摂取方法が簡単で目立たない
  • 明確な適量が分かる
  • ヘンプの風味がしない

CBDカプセルのメリット

  • 効果をゆっくり、長く感じられる
  • 摂取したCBDの量がmg単位で把握できる
  • サプリのように気軽に飲める
  • 持ち運びが便利

おすすめのCBDカプセル

CBDを吸入する

利用者の中ではCBDクリスタルをベーポライザーを通して吸入すると効果を早く感じる方もいます。中には即時に効果を感じる方も。この吸入(ベーピング)方法はCBDの蒸気を肺を通じて血流から取り入れます。

CBDクリスタルを選ぶ理由

  • 汎用性が高い
  • ケーキやクッキー作りに使いやすい
  • 純粋なCBD(99%)
  • ヘンプの風味がしない

CBDクリスタルのメリット

  • 即時に効果を感じられる
  • 食事や飲み物、エディブルに足しやすい
  • 外出先でも使える
  • 持ち運びが便利

おすすめのCBDクリスタル

CBDオイルを肌に使う

Endoca Salve

皮膚細胞にもエンドカンナビノイド受容体があることをご存知でしょうか。即ち、CBDは皮膚を通じて関節痛や筋肉痛を和らげたり、かゆみや炎症に直接届くことができるのです。クリームやバームはCBDの量により金額が異なるので、購入する際にはその商品に含まれているCBDの量を確認しましょう。幸いなことに、エンドカではCBDの量が多く含まれているクリームやバームをご用意しております。

CBDクリームを選ぶ理由

  • 使い方が簡単
  • 食品等級の天然素材
  • ペットも利用可能

CBDクリームのメリット

  • スポットケア
  • 乾燥や痒みを抑える
  • 浸透する保湿力

おすすめのCBDクリーム

CBD座薬の使い方

CBD座薬は、吸収率がもっとも高く有効的な摂取方法です。座薬を使う場合、CBDは肛門や膣の毛細血管から吸収されるので、浸透するまでに時間がかかる消化器を通らないためです。CBDを口から飲み込むことが苦手または困難な方にはおすすめの方法です。

CBD座薬を選ぶ理由

  • 内服用の代替方法
  • 高い吸収率
  • ヘンプの風味がしない

CBD座薬のメリット

  • 集中ケア
  • 緩和が長続き
  • 胃が弱い方に適している

おすすめのCBD座薬

 

CBDの使い方をもっと詳しく知りたい方は「CBDオイルの効果とは」のページも合わせてご覧ください。エンドカの商品選びでお困りの場合は、チャットやメールにてお気軽にエンドカまでお問い合わせください。サポートチームがお待ちしております!

その他CBDに関する情報

CBDオイルの効果とは
CBDオイルの使い方
CBD摂取量

CBDの使い方FAQ

  • CBDの摂取量

    CBDの摂取量を考える際に覚えていただきたいのは、1人1人体が異なっていること。そのため、適切なCBDの摂取量は人によって異なります。同じ量を摂取して「少ない」と感じる方もいれば、同じ量でも適量を超えてしまう方もいます。CBDの摂取量は「フリーサイズ」のように全員にフィットすることが難しいものです。 ただし、世界共通で推奨されているCBD摂取量の目安がありますので、参考にしてみましょう。

    最低限の量から徐々に増やしてCBDスイートスポットを見つける

    CBD初心者の方は、まず初めに最低限の量から試してみましょう。摂取量を少しずつ増やしていき、より心地よく希望の効果を感じられるスイートスポット(最適箇所)を見つけましょう。 これは用量漸増法と言われ、適量を超えたと感じた場合には次回の量を減らして調整しましょう。

    ラベルを必ず読む

    CBDの商品には、一般的な共通の軽量システムがありません。そのため、1つの商品ではドロップス1適に20mgのCBDが含まれている場合でも、似たような別の商品ではドロップス1適に35mgのCBDが含まれている場合もあります。そのため、利用前にパッケージのラベルをしっかりと読み、1回の摂取で取り入れるCBDの量を確認しましょう。

    医師に相談

    特に持病がある方や薬を服用している方は、CBDを利用する前に医師と相談しましょう。 CBDの摂取量について覚えておく事はこちら。
    • 最低限の量から始め、徐々に増やしていく
    • 初心者の方はCBDの量が明確に測りやすいCBDオイルドロップスがおすすめ
    • CBDオイルを取りすぎた場合の副作用の現れ(過労や興奮など)に十分注意し、副作用が現れた場合は摂取量を減らす
    • CBDは空腹状態で摂取する
  • CBDの効き目

    CBDの効き目はその人の体によって異なりますが、各摂取方法にもメリットとデメリットがあります。自身のニーズと都合に合わせて、効果が一番感じられる摂取方法を探してみましょう。カプセル特有のゆっくりと感じられる効果を好む方もいれば、即時に効果を感じられる方法を希望する方もいらっしゃるのではないでしょうか。

  • 一番良い摂取方法は?

    最終的には、この質問に対して間違った答えはありません。1人1人の体がユニークなため、1つの摂取方法が他と比べて「良い」ということは一概に言えません。

    吸収率が高く、そして早い方法を探している方は、舌下や吸引で摂取することで効果をより早く感じられるでしょう。ただし、効果を長続きさせたい場合は口からの摂取が良いでしょう。

    ベーポライザーを使った吸入方法は、早く効果を感じやすいので有効的といえるかもしれませんが、長続きしないため頻繁な摂取と摂取量への注意が他の方法よりも必要となります。

    このように、どの方法もメリットとデメリットがありますが、摂取方法の選択肢があるので自分のニーズに合わせて選べるのがCBDの良さです。

Our website uses cookies to show you relevant content and features for social media and to improve our traffic. The information about your activity is also shared with our collaborators.

X